雪掃きの朝

Category : くらし
降りました。
積雪5センチ。

積雪3センチ

雪掃きの朝となりました。
主(あるじ)が、竹ぼうきで雪を掃いています。

「5センチなんて、雪かきなんてしなくていいんじゃないか」
ここに住み始めた時、思いました。

でも、「なぜこの地方の人が、わずかな雪も、こまめにかくのか。」
すぐその理由がわかりました。 (特に日陰は、要注意。)

雪掃きとちょろつくらく

石積みの家地方、さほど積雪もなく、雪が降り続くとというのは、ほとんどありません。
降った翌日は、大体こうやって晴れ上がってきて、日が照るとすぐ解け始める。
ありがたいことです。

でも、マイナス10度は普通になる寒冷地。(このところ8度から9度。)
解けた水分が乾く前に、またすんごく気温が下がってくると・・・
凍ります。

凍ると滑る・・・・
だから、出来うる限り早く乾かしたいんですね、地面を。
でもって、5センチでも雪はかく。

今朝は、昨日からの雪が、地熱で溶けたところが凍ったらしく、見事にテカテカ。
特に石積みの家周辺は平地のない斜面が基本です。。。
主(あるじ)、今朝の犬との散歩はそりゃぁ~怖かったそうです。
1回、転んだと、申しておりました。

らくもいつもならわざわざ凍った所を歩いたりするくせに、今朝は前を歩かなかったとか。
全面結氷状態は、初体験だったかもしれません(笑)



雪掃きの朝、玄関アプローチ

ホウキで掃けるぐらいの、軽くてサラサラした寒冷地の雪は、いいですね。
ここ、アプローチですが、ホウキで掃いてます。
これが、雪掃きの由縁。

青空も広がってきました。
ロングリードをつけてもらって、雪掃きするまわりでチョロチョロしていたらく。

どうだ、なかなかの雪景色か。

石垣の上のらく




関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

石積みの家 離れ民泊 オープン!!!
石積みの家 WEBサイト・主屋
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、理想の田舎暮らしの風景を求めて始めた「DIYで石の家を作り庭を育てること」それが庭師の夫のライフワークとなりました。3作目の完成を機に石積みの離れで民泊始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです