土間に切る炉

Category : 家造り関係
フキノトウが出たりして、確実に春が近づいていることを実感しましたが
昨日から再び激寒。今朝は、最寒かのような冷え込み。
ハイハイ、わかってます。春はまだまだ先です。


と、いうことで、暖かい話題です。

土間をお持ちの皆さま、もしくはこれから、屋内に土間を導入検討の皆さま

と、いってもあんまりいないかもしれませんが
田舎暮らし的アイテムのひとつで、ぜひおすすめなのが、
この土間に直接切ってある、「炉」です。我が家はダイニングテーブルの下にあります。
(石積みの家のWEBサイトでも、昔、ちょっと紹介しましたが、再び、若干詳しく。)

テーブルの下の炉

炭の火が、こ~こ~と、おきておりますが、布団で覆わない、テーブルコタツのようなものです。

我が家は、リビングダイニング、キッチンと土間仕様になっていまして
この炉は、「足元あったかいのはごちそう」という要望で、あとから作りました。

下の写真で示したように、リビングはこんな感じの配置なので、
隣の薪ストーブの炭をポイと、この炉に移すだけで、簡単に使えます。

薪ストーブだけでもいいんですが、やっぱりこれがあると全然違う。
この炉は、まさに冬場のごちそうで、
薪ストーブとの真ん中にあるベンチでする、うたた寝などは、
"遠赤浴"と呼んでおります。

テーブル下の炉

この炉の工事、記録写真はないのですが、ものの、3、4時間で、終わりました。
・・・・午前中仕事というやつでした。

すごいぞ、主(あるじ)。。。

今でもはっきり覚えています。土間に穴をあけて、石を組んでいる光景なんて、
まるで 「縄文人のくらし・・・?」 みたいな。。。

主(あるじ)に、ざっくりということで、作り方を聞いてみました。

「炉が欲しいところに欲しい大きさの穴をあけ、穴の周りを石で組んで土留めをし、
周りの土を付き固め、中に灰を入れる。」

・・・・・・・ざっくりすぎ。。。。 書くまでもない、見ればわかるざっくりさ。

すみません、写真が残っていれば、詳しい説明もしやすいのですが。


とりあえず、こうして出来たダイニングテーブルの下の炉。
お客様にも実に好評で、炭の暖かさに、皆さん、改めて驚かれるほど。
たくさん炭を入れると、、顔の方までふわぁ~っと暖かいんです。

注意点は、うっかり、「靴底」を溶かさないように。

それと、テーブルの天板は乾燥します。我が家の天板は、主(あるじ)が廃材の板を
2枚付き合せて作ってくれたものなんですが、その継ぎ目がピッタリだったのが
ちょっと開いてしまいました。

でも、そんなことはたいしたことではありません。

この足元、下半身の暖かな心地好さと、

美しい炭火に比べれれば。

炭の炎

炉を使わない季節は、板を上にかぶせて閉じておきます。

土間に切る炉、冬場の楽しみに活躍保証。

強くおすすめいたします。




炉を作る写真はないのですが、土間工事の時の写真があります。

ちょうど、主(あるじ)がいる後方、ここが今のダイニングテーブルの場所です。
15年ほど前です。なつかし~~

土間工事




..........................................

あろうことか ブログランキングに参加しました。
よろしければ、ぽちっと応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし


人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................


関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです