シイタケの駒打ち作業

Category : 食べ物
数日前のことですが、この時期にやっておかなければならないことのひとつ。
シイタケの駒打ちをしました。

ほだ木用の原木は、敷地内にあるコナラの伐採で、用意しておいたもの。
田舎では、時期が来ると、いろんなキノコ菌の駒が、ほだ木用の木と共に、
ホームセンターにも出回るので、これもまた、季節感を感じます。

(左) シイタケ菌の駒。このカビのような白いぼわわ~んとしたのがそうなんでしょうね。
いろんなきのこ菌の駒がありますが、我が家は今年、シイタケだけの予定。
※ ちなみに駒とは、各種キノコ菌の繁殖した種駒のこと

(右) 主(あるじ)が、竹を割って、専用スケールまでこさえて、まずは、ドリルで穴を開けている最中。

シイタケのコマと打ちこみ用穴あけ

それからは、開けた穴に、駒をひとつひとつ、差し込んで・・・・

ドリルであけた穴と差し込んだコマ

コンコン、打っていくわけですが、(種駒と樹皮面は水平、だそうです。)
この時、使うトンカチ・・・・打てれば何でも良いと思うのですが、主(あるじ)・・・こんなもの使ってます。

オリジナル、梅の枝で作った叩き棒

この、オリジナル叩き棒、梅の枝で、作ったそうです。 
庭の仕事用に使うのに、小さめの槌(叩くもの)が欲しいと思っていたらしく、
直角の枝振りが、ちょうど良かったのだそうで。

駒打ちに使っているのは、深い意味があるのかと思いましたが、別にないそうです。
響く音はいいですが・・・

約200個分の駒打ちで、午前中仕事になりました。

今回、打った分は、来年、秋からの収穫。
ほだ木の寿命が3~5年なので、
先の楽しみのために定期的にやっておくひと手間です。
ちょっと気の長い話ですが、恵みのもののサイクルは、みんな長いのが自然ですよね。
ふた夏後は早い方かもしれません。

しかも、採って食べてるだけの私、こういうことは主(あるじ)に感謝です。

出始めると、すごいですよ。こんな感じで、ぼこぼこ。
ちいちゃい小指の先ぐらいのベビーシイタケが頭を出して
条件が良いとあっという間に、えらい勢いで成長し、うっかりすると巨大どらやきのように。。(画像右)

シイタケ栽培と直径15センチ巨大どらやきシイタケ

なかなか肉厚で、濃い味。 七輪で「焼きシイタケ」が一番の、生シイタケですが、
食べきれないほど採れるので、結局干しシイタケになります。

この干しシイタケ、自分でやってみて驚きましたが、戻り方が立派すぎ。
生の状態の時と何ら遜色なく、ボン!と戻り、歯ごたえも良いです。
しかも風味も栄養価もアップですから、「自家シイタケ栽培」 なかなかやりがいがあります。

干してる景色も好きです。
ネギ小屋の上の干しシイタケ

..........................................

あろうことか ブログランキングに参加しました。
よろしければ、ぽちっと応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................


関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです