干しヤーコン

Category : 食べ物
なかなか豊作だった、昨年のヤーコン。
保存場所が悪かったらしく、
2月の寒さで凍らせてしまい腐りが出てきてしまいました。
ぐちゃぐちゃになってしまったヤーコン・・・・
これまでなら「捨てるしかない」と、あきらめていましたが
良く見ると、今ならまだ大丈夫そうなところもありそうです。


とりあえず、一旦乾かそうと、家の土間に麻袋を敷いてその上に広げ数日。
(ここは我が家にとって、”玄関ホール”なんですが、湿度がイモ置きに適してます)

土間に広げたヤーコン


すでに溶けてる部分や、カビが出て黒くなってるところはありますが、
切ってみると、いけそうなものも。
良いところだけとって、「干しヤーコン」 にしてみます。

腐りかけたヤーコンと助けられそうなヤーコン


かなり捨てるところが出てしまいましたが、残せた分は、
黄色の透き通った色がなかなかきれいで、生食すると、ど甘いお味です。 

取り捨て選択


太めの千切りにして干すこと1週間以上・・・・というか現状、フリーズドライです。
色は、やはりすぐ黒くなってしまいましたが、この干しあがりがよくわかりません。
いつ、取り込んだらいいものか・・・天気も崩れがちだし、イマイチ、カラっとしません。(右)

千切りにして干す


食べてみると、シャキシャキ歯ごたえの残るあま~い干し芋風ってとこで、スナック系です。
取り込んでストーブの近くにおいて置いたら、しんなりするも乾いている、という感じになりました。
これで、ドライフルーツの趣で完成とします。

小皿にでも盛ってみた方が、良かったですが、干すとこんなちょっとになるんですね。
おそるべし、乾物の体積。さすが、保存食。

干しあがったヤーコン


ヤーコンって、食感つながりで、ハスと同じように食べる事が多いのですが、
若干持て余し気味の野菜で、存在を忘れることがあります。

「おおぉ~、我が家にはヤーコンってものがあったんだわ」 みたいな・・・

干し野菜は、新しい味や、食感を発見することが多いですが
干しヤーコンというのもあり、だとわかりました。
実際、あとで検索してみたら、干しヤーコンがいろいろ出てきて、やっぱり。

我が家の今回の反省は、切り方。
太めのつもりでしたが、紙のようになってしまいました。
もっと厚みがあった方がおいしい気がします。

干してみて面白かったのは、見た目の芋感とは関係ないヤーコンですが
干すと芋の味がしました。

”ダメにする前に、とにかく干してみる野菜”、というのがありましたが
できれば早めに手を打っていきたいものです。

..........................................

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ぽちっと応援のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし

..........................................



関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです