空中に伸びる氷の柱

Category : くらし
kori2

春気分から、一転。真冬に戻った陽気に、石積みの家の鳥の水場も再び結氷しました。

目撃者と撮影は、主(あるじ)です。なんでも、いつものように氷を解かしに、水場にお湯を注
ぎに向かった朝の光景。うっかり、お湯を注いでしまった後に、気付いたらしく、氷は早くも解
け始めてしまったそうなんですが、ご覧のように、水面の中心部から空中に突き出るように伸
びる氷の柱があったというのです。

確かに、それらしきものが写っています。上から雫が垂れるような条件にないにもかかわらず、
「どうして表面から突き出てるんだ?!」と、申します。さらに、これを目にしたのは2度目だそ
うで、いたくミステリー扱い。。

なるほど、不思議ではあります。どうなんでしょうか、どなたかご存知でしょうか?


そうこうして、氷が解けるにしたがって、まっすぐ突き出ていた柱は、ゆっくり傾き・・

水に映し出された、冬の景色・・・このもう一つの世界・・

kori1

ダブルミステリーな冷え込んだ朝。
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

先日、「アインシュタインの眼」v-55で、学者さんが確定ではないけれど
超低温下でお湯の方が早く凍ることがあると言ってたきがします。
条件が整った環境でこの不思議な現象が起こるのかも~
面白いですね。

本当に面白いです。

★oliveさんへ

超低温下でお湯の方が早く凍ることがあるというのは、これまた、すごいことですね。さすが、『アインシュタインの眼』です。ただ、この柱の場合は、凍った水面というか、平らな氷面から突き出ていたところに、氷を解かそうと思ってお湯を注いでしまったという事らしいです。

oliveさんのおっしゃる「条件が整った環境で起こる不思議な現象」というのは、まさに自然そのものが全てあてはまる、奇跡の連続のような気がしてきました。本当に面白い事ですね。
非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです