カマキリの子

Category : 生き物
kamakiri

行きつ戻りつの春の足取りですが、室内には、もうしっかり春の息吹が。。
それは、花瓶の梅が咲いたり、苔玉のクヌギが芽吹いたり、、と、それはとっても心が躍る良
いものなんですが、これはどうしましょうか。

冬越しのため家の中に取り込んだ亜熱帯植物、ジャカランダにくっついていたカマキリの卵か
ら、子カマキリが生まれてしまっていました。今、ここでふ化されてもどうしたらいいものでしょ
うか。そこまでは考えていませんでした。まだ、エサがある状況にありません。


kamakiri2

拡大版です。小さくても完全カマキリの形というのが、いつも感動してしまうところです。掃
除をしていたら、他にもフワフワ、床を這っていたカマキリの子がいたので、もうすでに、ど
こかに散ってしまった子カマキリもいるはずです。とりあえず、カマキリ、タマゴで、ちょっと
検索してみたら、カマキリは、ふ化の時、先に生まれたカマキリが後から生まれてくる弟や
妹を食べてしまう、というのも見つけました。いきなり非情な世界です。

この状況下のカマキリ、弱肉強食で最初の関門を生き残ったとしても、その先、まだ地面が
凍結状態の信州では、いかにも絶望的です。卵ごと、室内に入れたことが、ちょっと悔やま
れてきました。。


しばらく考えた後、我が家のネギ小屋に離してあげることに。
もしかして、アブラムシでもいてくれないか、と、願いもこめて。
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです