知らない世界/コツボゴケ

Category : 庭 ・植物
らくが寝床にして時々暴れたりホリホリして瀕死かのように見えた台上のコツボゴケ、
しかも、今年は手入れがさぼり気味。

しかし、
季節はめぐり、雨と温度で無事回復しました。

目に眩しい黄緑色の新芽は、立ち上がって伸びるので
厚さが増してモッコモコのボリュームになります。

ちょうどこの時期、毎朝、この苔の上に落ちるナツツバキの花も(右下辺りにちらほら)
狙ったように出来すぎの嬉しい景色。


しっとり、ふかふかとリッチな質感、蛍光緑に光る色は梅雨の贈り物。
台上のコツボゴケ



そして、、木漏れ日が差すと、しあわせ倍増。

ちょっと寄ってみます。
オレンジ色のきのこが、苔の間からポツポツ顔をのぞかせています。
この時期だけ出てくるエノキ茸大の可愛いきのこです。

オレンジ色のキノコ



もうちょっと寄ってみました。 もう肉眼ではこうは見えない世界です。

ところで、何度撮ってもキノコにピントが合いません。
どうやったらキノコにピントが合うんでしょうか。どなたか教えて下さい。

コツボゴケとキノコ拡大



もっともっと寄ってみました。 足元のミクロの世界です。

コツボゴケって海藻みたいだとは思っていましたが、
一枚一枚葉っぱの形をしていて透き通ってます。。。

どんどん寄ったり、ぐんぐん引いたりするだけで知らない世界がありますね。
コツボゴケ拡大




..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

石積みの家 離れ民泊 オープン!!!
石積みの家 WEBサイト・主屋
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、理想の田舎暮らしの風景を求めて始めた「DIYで石の家を作り庭を育てること」それが庭師の夫のライフワークとなりました。3作目の完成を機に石積みの離れで民泊始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです