青皮紅心大根

Category : 食べ物
一言で野菜と呼んで、食べ物と扱っている野菜たち。
毎日、特別気にも止めずに、美味しいとかイマイチとか言って食べっちゃてますが、
よく見てみれば、色も形もまさしく芸術品だったりします。
しかも、たまたまとかの偶然じゃなく、そのすべての造形に理由と秩序があるわけ
です・・・


そういう話も興味はありますが、
でも今回はそういう深い方向じゃなくて、見た目です。

「青皮紅心大根」という大根。(あおかわこうしんだいこん)と読みます。いただき
ました。カブのような形ですが大根です。洗っていないので泥っぽいですが、洗うと
表面は、首元にいくほど緑がかっています。 

青皮紅心大根



この大根、見ての通り、切ると中が赤紫なんです。
ものによってはそれが薄めで、ぼやっとしたのもあるんですが、際立って赤いものも
あります。


あんまりにも綺麗で、調理途中で興奮気味にパチリ。

スライスした青皮紅心大根



光に透かしてみたくなり、一枚手に取りわざわざ外に出ました。

この大根の存在、知ってはいましたが、侮ってたかもしれません。
あらためてこうして見てみると、発見です。
この美しさはやっぱり生食しないことには。

日に透かした青皮紅心大根


と言って、思いついたのは甘酢漬けぐらいでしたが、
酢漬けはいっそう赤が強調されて、まっかっかです。

すごい! 「青皮紅心大根」 気に入りました。来年絶対作ります。

甘酢漬けした青皮紅心大根
(味は水分の少ない大根?)




..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

綺麗な色

青皮紅芯大根?
皮が白いのに 中が紅色!!

綺麗ですねーー!

綺麗な色見ると
染めに使えないかなーって!

そのあと
食べるのならどんな風に?って

頭に浮かぶ順番が
あべこべ??

紫キャベツで絹のTシャツ染めた事が
あるんですが

紫は薄く
一年経たないうちに
灰色に変わってしまいました

ショボン

とても素敵な色だから
押し花に出来ればーー?
やっぱり無理でしょうね

No title

青皮紅心大根ですか。
ほんとにきれいな大根ですね。
私もつくりたくなりました~

きれいですね

きれいな野菜があるものですね。
食卓がにぎやかになって、いいですよね。

私は普通の赤カブを作っています。(まだ小さいけど)
その間引き菜は糠漬けで頂来ました。

★風のたみさんへ

ベジタブルカラーというのもありましたね。
確かに紫キャベツも染めたくなる色です。
ナスとかも塩もみで落ちるあの色素・・
けっこう濃いですが。

フリーズドライで干し大根は
試す価値があるかもです。

★バドさんへ

中国野菜のようです。
おろし専用という緑大根は作っていましたが
これはあんまり食べたことも、使ったこともありませんでした。
大根も種類が多いですよね~。

★awaji_aicさんへ

「何これ?」から始まる野菜も楽しいですよね。
珍しい野菜だとすぐ作ってみたくなって、
結果、珍しい(流通しない)訳が解ってみたり^^;
でも、この青皮はお漬物でイケそうです。

赤かぶの間引き菜を糠漬けですか。
大根の葉っぱの糠漬けが好きな友人がいましたが
カブの葉っぱはカブ独特の風味と
柔らかさがあってもっと美味しいですよね。
非公開コメント

石積みの家 離れ民泊 オープン!!!
石積みの家 WEBサイト・主屋
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、理想の田舎暮らしの風景を求めて始めた「DIYで石の家を作り庭を育てること」それが庭師の夫のライフワークとなりました。3作目の完成を機に石積みの離れで民泊始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです