新春・裏山歩き

Category : 愛犬 ・犬
穏やかで暖かな大晦日、元旦から一転して、2日は雪もちらつく寒い日となりました。
正月の定番、食べてゴロゴロの惰性を断ち切るべく、らくと裏山へ歩きに行くことに。
「新春、裏山登山」あえて登山と言わせていただく850mの頂上へ、石積みの家か
ら約230メートルの標高差を登ります。

ここに住み始めた時から、このあたりの山は半端じゃなく急峻だと思っていましたが、
久しぶりに登ったこのコース、壁のようです。現在、獣害防止柵がすぐ裏に張り巡ら
せてあるため、その柵を超えて行きます。道はほとんど獣道。我が家の獣、らくは大
喜びでぶっ飛んで行き、あっという間に景色と保護色になっています。

急峻な裏山



どこにいるかわからないので拡大。

山犬1




急峻な斜面をバビューン、バビューンと駆け上がるらくは、ゴロゴロが基本の"家らく"
とは別犬。よしよし、年末年始のカロリーオーバーを消費しろ。

山犬2



我々がちゃんとついてきているか、必ず振り返り振り返りチェックしつつ、程よく前を
ゆくらく。(らくは、多分行き先がわかってます。)

山犬3




ところが、途中でガサガサと何者かが駆け抜けて行く音!・・・
鹿です!私も見ました。2頭いました。

らくが ! !・・・・行ってしまいました。


遠くから聞こえるらくの吠え声が、かなりの距離を移動していくのがわかります。

どうする。。


とりあえず呼ぶ・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


程なくして今度は、らくの声が尾根を挟んで反対側の下の方から聞こえてきました・・・

やば~~い。

山でのらくの呼び戻しは100%の実績なんですが、それでもやっぱりこんな時は
心配になります。まずは声のする方へ降りて行ってみるか、、と下り始めた時、


 「あっ、らくだ!」

こっちに向かって走ってくる。


よしよし、水を飲ませて再出発。
晴れ間も見えてきました。
 
ヘロヘロらく


裏山にはソヨゴが自生していて、冬につける赤い実は、枯れ色の風景によく目立ちます。
常緑の広葉樹はこの辺りでは貴重で、このソヨゴを榊の代わりにも使います。

ソヨゴ




歩き出して30分ほどで、目的地、頂上に到着。そしてここは「鳥屋城跡」。山城なの
で、周辺は堀切などがたくさんある地形になっています。


おやつを食べるらく




結構な斜面を登ってきたのに、全く汗をかきませんでした。
そう、今日はとってもさむ~~い。

吹き抜け




下りは、早めにらくをリードにつなぎ、歩きやすい整備された登山道を帰ってきました。
やっぱり信州、雪に覆われた山の景色は素晴らしい。

我が家からはあまり見えないんですが、ちょっと登るとこうやってそこらじゅう山だらけ
で、山に囲まれ、守られているんだなあ~と、あらためて思った「新春・裏山登山」でし
た。


新春・青空・雪山(浅間山)
新春の浅間山

2014年が、皆さまにとって
「なりたい自分」にいっそう近づく良い年でありますように。



..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

新年、おめでとうございます。

らくちゃん、やっぱり、山が似合いますね。
ちゃんと帰って来ておりこう。
我が二頭は、小さい頃、引っ張られてリードを
離した私、逃走して、山を探しまわった記憶が
あり、山でリードは離した事がないので
うらやましいです。
今年も、ワンコ達に振りまわされ、助けられる一年に
なりそうです。
今年も素敵なブログ楽しみにしてます。

★博多の雪ん子 さんへ

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

愛犬探しは、どんなに時間が短くてもやっぱりかなり心配になりますよね。
先代犬はらくよりずっと野性的で、若い時は時々脱走されたこともありましたが、
山で助けられたことはあっても、迷子になったことはやっぱりなかったです。
(こっちが山で迷って、車を止めておいた車道まで、連れて行ってもらったんですよ。
さすが犬の能力はすごいと思いました。)

らくとはどうしてもオフリードで山に一緒に行きたかったので、
子犬の時から、場所を選んで、徐々に訓練していきました。
口笛か笛で呼び戻しますが、感心するほどすぐ戻ってきます。
ただ、山には動物もいるし、誰か他に人も入っていて偶然会うこともあるし
万が一がないとは誰にも言い切れないので、注意することはたくさんありますね。
でも山を走るらくには確かに命の躍動を感じます。

らくも4歳で充実の年なので、充実した楽しい1年にしてあげたいです。


No title

お正月の登山はいいですね。
すばらしい景色!ですね。

★バドさんへ

昔は心臓バクバクで登りましたが
今は休まないかわり、ゆっくりゆっくりです。
お正月に高いところに登るのは、
気持ち良いです。

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです