古畳断熱

Category : 家造り関係
暑さがぶり返し、また雨が降って秋風が吹いて・・・

季節が進み、本業復帰までの残り時間もあとわずか。
ついついあとちょっと、あとちょっとと頑張ってしまう痛風持ちの主(あるじ)、頑張り過ぎ
ないように、頑張ってます。

もらってきた古畳の畳表を剥がして藁床を切断、壁の断熱材としてダブルで収め、漆喰を塗る
下地の準備中。1枚の畳の藁床が、藁50センチ程を圧縮したものというから、その藁床をダブ
ル使いしている断熱の効果は如何程かと思うとすごい。それにしても、石壁に比べると下地だ、
断熱材だ、外壁だ、内壁だと、やることが多すぎて、石壁に慣れた主(あるじ)は、石の方が楽
ともらす。

しかも壁面積に対して、まだ古畳が20枚ぐらい足りない状況。

たたみ



古畳とらく。何が何でも顎をのせる図。頭ってそんなに重いものなのか。

らくと古畳



..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

なるほど〜!

断熱って、下に敷くのではなく
壁に張るんだったんですね!
凄い!
最近の畳はホントのい草使ってるものは高価で貴重ですよね。
私も最後は土に帰る家が夢でしたけど現実はなかなか、難しい。
住民さんの所は殆ど、土に帰りますね。
やっぱ、凄い!
らくちゃんは枕がないと眠れないタイプかも〜⁉︎

★博多の雪ん子 さんへ

古畳を断熱材として使うのは廃材利用で、天然素材なのに費用はゼロで、
畳屋さんも喜んでくれ、非常にエコなんですが、
すっご~~く大変ということがわかりました(笑)
いやぁ~、世の中やっぱりそういうことです(^_^)

今日、さらに畳20枚、運んできました。運搬、解体、切断、施工。
私は運搬と解体のお手伝いはしますが、らくは現場癒やし部員です。
非公開コメント

石積みの家 離れ民泊 オープン!!!
石積みの家 WEBサイト・主屋
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、理想の田舎暮らしの風景を求めて始めた「DIYで石の家を作り庭を育てること」それが庭師の夫のライフワークとなりました。3作目の完成を機に石積みの離れで民泊始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです