待たせたね。

Category : 食べ物
種芋にしようと籾殻に入れていたサトイモのはなし。

昨年のサトイモは豊作でした。その種芋は一昨年の自家製サトイモを、家で冬越させ成功したもの。寒冷地だし、温度や湿度管理がどうなるか心配でしたが、ダメ元でたっぷりの籾殻の中に入れて、家の天井裏に安置したわけです。植え付けの時期が来て、ごそごそと探って、ポチッと芽が膨らんだ芋を取り出した時の嬉しさは、格別でした。

そうして現在、昨年収穫したサトイモもヤツガシラもまた、同じように籾殻の中に安置して、春が来るまでじっと待ってもらっているわけです。



そうすると、この下の・・・芽がくいっと伸びたサトイモは?

実はこの2個、去年、取り出すのを忘れ、籾殻の中に置き去りにしてしまった芋なんです。種芋を籾殻に収めようとして、籾殻を一旦すべて外にあけた時、発見してしまいました。ほぼ1年、ずーーっとこの籾殻の中にいたわけです。

しかも、よ~く見てください。ほんとにちょっとだけ、ちょっとだけ大きくなっていました。(赤く囲った部分)

置き去りサトイモ


こんな、養分も水分もあるとは思えないぎりぎりの環境で、生きていればこそなんでしょうが、どんな状態でもベストを尽くす彼ら。忘れられたからって叫ぶわけにもいかず、与えられた環境で命あるかぎり・・・って姿ですよね。



「ごめ~~ん」 って気持ちと同時に、ちょっと感動しました。もう芽が動いているので、ポットに土を入れて家の中で養成してみます。待っていた甲斐があったって思ってもらえるといいです。

生きていたサトイモ




..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

いい話や〜!

私達人類より長い歴史が
あるかもしれないお芋達に
とってはそんなに待たされたないのかもしれませんね〜!
でも、日の目を見て良かった、
良かった。

★博多の雪ん子 さんへ

雪ん子さん、いやぁ~罪悪感でしたよ~
あれっ、まさかの忘れ物・・生き物なのに。。
でも生きていてくれて良かったです。
早速、ポットに移植して家の暖かい所に置いてみました。
土の中、水をもらって、どんな気したかなぁ~って(^^)
サトイモだって思い出しかも。
良かった。

あらぁ~

すぼれてないのが・・・すごいですね
でも ポイしないで 鉢に植える所がBさんらしくて・・・・♪
自分に適した環境になるまで ひたすら待つって・・・
まぁそれ以外手が無いのでしょうけど

人間は絶えても 植物は生き延びるのでしょうかね~^^

No title

へ~すごい生命力ですね
モミガラがよかったのかも。
また大きく成長してくれたらうれしいですね

★光子さんへ

まさに、「出しきる」姿で、感動でした。
畑もお庭も、そんな気付きがいっぱいあって
自然の淡々とした移ろいは、何よりドラマだと思ってしまいます。

植物は不平不満を言いませんからね~(^^)

★バドさんへ

籾殻って、本当に優秀ですよね~
湿度と乾燥をちょうど良く塩梅してくれるんでしょうか。
とにかく、「生きる」ありきのその姿、元気をもらえました。
せっかくここまで生きていたのだから、
葉っぱを出させてあげたいです。
非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです