大ケヤキ大伐採

Category : 庭 ・植物
急に気温が上がって春を通り越す勢いの今日、
我が家の前庭も、光さんさんで、ぽかぽかまったりしております。


春先の、いつもの景色のようなこの風景、実はある大変化が・・・・
そして、実は、光さんさんな訳もありまして。

前庭アフター




これは、ちょっと前の、雪がちらついた朝の画像です。
ある変化が起こる前なんですが 【間違い探し】 さて、何でしょう?

前庭ビフォー



はい、ビフォー・アフター。
あるものがなくなりました。
下の土地との境界にあった赤く囲ったケヤキ、数日前に大伐採しました。

ビフォーアフター



遥か上空、仰ぎ見る程の株立の大きなケヤキでした。随分前に一度大剪定をした木ですが、今回は伐採を、高木剪定の技術のある知り合いの庭師さん(というか空師さん)にお願いしました。ロープを使いながら身一つ、チェーンソー持ちの作業で、見ているこっちはハラハラものなのですが、すごい離れ業です。

3本立ちになっていた幹周りは約74センチ。どのくらいの高さがあったんでしょうか。一段下の土地にあって、それはそれは大きな木でしたから。

大ケヤキ伐採








木を植えるのもその成長が楽しみですが、伐採というのはまた劇的な変化です。この大きなケヤキがなくなって、他に譲ってくれたものは何でしょうか。光も風も音も、みんな変わります。新しい景色が始まるこの春。植物が目を覚ますのを、いつもに増して待ち遠しく思います。

大ケヤキの切り株

庭師さん、大変な仕事、ありがとうございました。


..........................................

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリック、よろしくお願いします。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................


関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

残してくれたものは

写真の最後に写っているのは
伐採された丸太ですか〜⁈
幾ら何でも多すぎる気がしますが。
樹木を切るのは切ないところも
ありますが、住民さん達はちゃんと
生かしてくれるから、樹木も本望。
それに落葉はちゃんと後から芽を出してくれますしね。

木を切る

明るくなりましたね^^

木って・・・知らない間に大きくなりますよね
大きい樹はそれなりに素敵ですよね
落ち葉も夏もの日陰も
でも困る事も多いですよね

我が家の裏山の木 
大きくなって屋根より倍くらいの高さになり
落ち葉の量が半端じゃなくて
地主さんに切ってもらいました

業者さん4人がレッカー車で来られて総計20万ですって◎;◎!
根元幹回り45㌢ ドングリがい~っぱい生る木でしたよ
いつかのブログに作業状況をアップしましたよ^^♪

★博多の雪ん子 さんへ

はい、とりあえず道脇に寄せて並べた伐採した丸太です。
太い5本立ちのケヤキだったので、すんごい量です。
中枝、小枝も含めるとその始末、またまた主(あるじ)、仕事が絶えません(^^)
来冬の燃料となってくれる予定です。

木を切るって、確かに切なさもありますよね。
でも、抜根するわけじゃないので、
そうそう、切り口からまた新芽が吹いてくるはずで~す。

★光子さんへ

幹だけの状態でもスゴイ違いです。
きっと夏は暑くなってしまうかも・・(勝手なこと言ってます)

大きい木は自分よりずっと歴史があったりします。
多分このケヤキは相当古いはずで、土地の境界に昔の人が植えたもののようです。
もう1本、さらにもっと大きい株立ちのケヤキがあるので、
伐採したケヤキには思い切って若返ってもらおうかと。。(^^)

大木のレッカー吊り伐採はまた大変でしたね~。高額だし。
でも放っとけない状況はありますから、やむえません。
時には、きっぱりと決断が必要なことがありますね。



No title

こんばんは
ケヤキの緑はたいへんすきです。
こんなに大きくなるのですね。
3本が1本にくっついて~
またしばらく違う景色が楽しめますね~

株立ちでもそんなに大きくなるんですね。
木は年々景色が変わりますよね。
らくちゃんちは専門家なのでいいですが、
みんな結構お世話に苦労しています。
バッツリ切られた木もよく見ます。
でもまた緑が出て来るんですよね。
命ってすごい。

★バドさんへ

ケヤキは風格がありますよね~。
私も、この3本が根本でこんなにくっついていたんだと思いました。
あと2本、さらに横にくっついていました。
小さい時に切られて、それからみんなで大きくなったんでしょうね。
新しい芽がふいたら、新しい時代が始まります。

★brighten-s さんへ

庭に木を入れて大きくなった時のイメージって難しいですよね。
我が家も更地からの出発で、ほとんど植えた木ですが
この境界にある木だけは、元からあって当時でも、もうすでに大木でした。
ちょっとやそっと切ったところで、どこを切ったというぐらい。
今回バッサリいってますから、木もびっくりなんてもんじゃないかも。。

命ってすごいです。


非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです