キモッコウバラ、本日3分咲き

Category : 庭 ・植物
キモッコウバラ

春先の桜といい、全体的に出足の遅かった今年の花たち。
しかし、ここ数日の夏陽気で、一気に咲き競ってきましたよ~♪

石積みの家の、春の花のピークの主役といえば、クレマチス・モンタナ・スノーフレークとツツジ類なんですが、あともうひとつ、キモッコウバラがあります。

この、キモッコウバラ、かなりの古株で、のびのびと広範囲に生育しています。
とにかく良く伸びる枝ですから、この枝も、ぐ~~んと一回上に伸び上がって、放物線状に下がってきた宙ぶらりんの状態。

5月の乾いた風に枝ごと揺れます。

小さい花が束になってかたまって咲く、キモッコウバラ。
ここは、日当たりが十分とはいえないので、花付きがそんなに多くはないのですが、それがかえって重くなりすぎず、ちょうどいい感じです。

その黄色と、奥に見える、格子の竹垣にからめた紫のクレマチスが重なると、これがまたとっても良く合います。



キモッコウバラ、全体の様子。
クレマチス・スノーフレークと、共有している天然木のウンテイタイプのパーゴラが、やばいほど年季がはいってきました。
しかも、完全に手狭になっているため、今年は、大規模剪定とあわせて、新調予定。次作はもっと広々としたパーゴラを希望してます。

キモッコウ3

(モッコウバラの枝がすぐ下がってくるんで、歩くのに邪魔なんだよね。。
しかも、パーゴラ越しに見える丸い小屋が、今年は厳しく被り気味。
わかります?奥の方の丸い石積みの小屋の存在。。)

キモッコウバラと丸い石積みの小屋





関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

見えます、わかります。
瞑想小屋v-221

それにしても、お見事なキモッコウバラ!
友人から同じものをもらって、挿木失敗の苦い経験をしたので、これは私にとって贅沢の極みv-388
大雪でへし折られたつるバラ2種は、ホントにへこみました。(たびたび大雪が出て恐縮です)
近くなら頂きに行きたいところなんですけどね。
でも、しょうがない!

明日はバラ用土でカクテル(赤い一重のつるバラ)を鉢に移し替えします。

こんにちは、oliveさん

今年、キモッコウバラは絶好調のように見えます。思った以上に写真に撮りにくい植物で、ひくと、何か、いまひとつわかりにくいです。こんなところまで、モッコウバラの枝が・・・っていう景色を、本当は見ていただきたい所なんですが。。

ところで、oliveさんのお宅の、ツルバラの具合はいかがなんでしょうか。壊滅状態だったのでしょうか。
今朝、ちょうど、テレビで横手のリンゴ農家の方が、へし折られたリンゴの木を、なんとか生き返らそうとご苦労しているニュースを見ました。本当に、ひどかった様子と、一つでも多くのリンゴを消費者に届けたいという生産者の思いが、伝わってきました。

植物も、過酷なサバイバルを生き抜いているんですね。

我が家のカクテルは、昨年、愛犬らくによって、地上部を致命的に損傷。。。
大好きなバラなので、今年は気合を入れて、養生し、新芽を育て直します。

oliveさんも、頑張って下さいませ。


非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです