アプローチ沿い・花壇その後

Category : 庭 ・植物
今年春、玄関アプローチ沿いのあまり有効活用されていなかったスペースを花壇に整備しました。粘土質で石がゴロゴロ出てくるところだったので、土を半分以上入れ替えてから腐葉土、鶏糞をすき込み、山から取ってきたカラマツの落ち葉でマルチングしました。元々あった植物で残したのは、スイセン、ムスカリ、チョウジソウ、ユウスゲ、オミナエシと、そんなところ。そこに新たに参入させたのは、マリーゴールドにダリア、そしてカンナです。

花壇その後



オレンジ色のマリーゴールドは今年大地震が起きてしまったネパールのことを思い、お供え花のようなつもりで植えました。ヒンズー教徒が多いネパールで神様のお供物に使うお馴染みの花です。生命や永遠、健康の象徴だと聞きました。

マリーゴールド


春は木々の花が次々咲いてくれるので、「夏からが本番の、どこか懐かしい花壇」という計画でした。それが、さぁて、どうなったかといいますと・・・・けっこうボリューミーです・・・意図してたよりずっと・・・かなり・・・。ひょっとして誤算でしょうか、、、。

ダリアは球根をいくつかと種から育ててみました。この最前列の一重の背の高い花がその種から育てたダリアです。見ての通り、はっきりした誤算発生。草丈のバランスが見事に逆です。

残念なバランスになったダリア



この種ダリア、種の袋には草丈70センチと書いてありました。散歩の途中、よく見かける畑に植えてあるダリアもそんな感じでした。夏らしく華やかで一重咲きのダリアというのが野性味もあって惹かれたんですが、70センチ内外のイメージで植えたものが、、肥料のせいでしょうか、このダリア1.5m近くあります。こ、こ、こんなに大きくなるとは。。ダメだわ、花は好きだけどこれは受け入れられないわ。。。。球根ダリアより、すんごい存在感。どうする。

高すぎたダリア


どうするもこうするも、打つ手はひとつ。まずは「切り詰め」
これでどの程度までバランスが改善され保てるかはわかりませんが、可愛そうですが、ズバリ切り詰めました。花がなくなってしまい、この絵で違いはわかりにくいですが、最前列の壁みたいのはなくなって、後ろの花も自然な見え方になり、ほっと一安心。種ダリアさん、70センチぐらいでお願いします。

ダリアもマリーゴールドも実に小さな種から堂々とした立派な株になります。本当にいつも魔法のようだと感心します。(これが、魔法なのかも。)

剪定後の花壇




あとは信州のカンナがどの程度リゾート感を醸しだしてくれるのか、葉っぱのトロピカルな存在感だけは期待通りに来てるので、場合によっては来年からもっと増やしたい花です。カンナは、真紅を選びましたが、いつ咲くのかこのカンナ。よそで見るカンナはもっと小さくてすでに咲いているんですが、うちのカンナ、けっこう大きいです。とうとう出てきたこれって蕾?ワクワクしますが、早くしないと信州はお盆が過ぎると秋風が吹くよ~。カンナとダリア、この2つがどこか懐かしい由縁ですが、子供の頃の記憶でしょうね。ダリアとカンナが咲く庭の夏の風景が思い出されます。

カンナ


初歩的な誤算は発生しましたが、夏の暑さに負けずに咲く花には気分が上がります。
「肥料に気をつける」が来年の課題となりましたが、「レトロ風味の夏の花壇」よ~く味わってさらにイメージをふくらませてみたいと思います。


バッサリやらせていただいたダリア。バケツに入れて飾りました。こっちで咲いてね。

P8020875.jpg



..........................................................

ブログランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



............................................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

着々とですね〜!

ダリアが種からなんて
初めて知りました。
球根のものしか知りませんでした。
一重のダリアも可愛らしくて
素敵ですね。
この花壇がどの様に変化するか
楽しみにしてま〜す。

★博多の雪ん子 さんへ

近所で毎年咲いているのを見て、
なんか懐かしくて好きだったんですが、
種だと思ってなめていました(*^^*)

花壇って咲く時期と色合いと大きさと
いろんなこと考えて混色するのが、
難しくもあり、楽しくもあり。
テーマそっちのけで元気にやってます、みたいな(笑)




非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです