山のらく、里のらく

Category : 愛犬 ・犬
主(あるじ)が久しぶりにお休みになったので、らくを連れて山の滝へ行ってきました。
たま~に歩きに行く登山道にある地元の「焼山沢の滝」です。美ヶ原高原(2000m)まで行けるトレッキングコースになっていますが、滝までは登り口(1160m)から50分ぐらいなので、ちょっと歩くのにお手軽です。車でバビューンとそこまで行って、滝まで標高差360m、ゆっくり行きましょう。

登り口には「クマ出没、注意」の看板がいつもあって、ここで、また熊鈴を忘れたことにいつも気づく我が家。

さすが連日35度超え、里の暑さを忘れるはずのここですら、いつもより暑い気がするが・・・
登り口にいきなりツルアジサイがいっぱい。奥の方から涼風も吹いてきました。

焼山沢の登山道登り口


歩き始めてすぐ右手に小さい滝があります。このおかげで、いきなり、超凉しい~~、山だ、滝だ、マイナスイオンだ。

滝


沢沿いの林を歩く凉しいこのコース、夏は特にうってつけで、らくにとってもいつでも水があってごきげんです。ちょうどウバユリがよく咲いていました。このウバユリの鱗茎は食べられるようで百合根より繊維が強いものの、一層ホクホクねっとりだとか。

ウバユリ



地上では縁石を踏み外したり、段差でこけたりする「この年でどうすんだ、大丈夫か」と微妙ならく。特にこのところの暑さで地廻り散歩は拒否するし不活発きわまりなく、どこか悪いところでもあるのかと心配していたんです。ムダな心配だったようです。山でのこの元気さはなんなんだ。こんな斜面もガンガン駆け上がり、ズンズン駆け下ります。里のらくに何かが憑依したぐらい違います。火事場のばか力、アドレナリンの効果なのか。モード変更、いいぞ、らく。なまった身体を引き締めろ!

山のらく



このコースは本当に苔がキレイで、木漏れ日が絶妙で、もう何を見ても完璧と思ってしまう。流れの石の配置とか、庭師として実に教わるものが多いと、主(あるじ)もいつも申しております。
完璧な苔づくし




途中1回休憩して、登山道登り口から50分くらいで滝到着。標高1520m、涼しさを通り越して寒い世界です。地上から行くと温かい飲み物なんて頭に浮かびませんが、ここでは絶対ホットドリンク。いつも忘れがちなのに、今回は大丈夫!ちゃんと用意してきました。サンドイッチも作って持ってきたし、ホットティーで、ああ、ほっと一息。寒すぎで長居は出来ないのですが、滝の音をずーーーっと聞いていると、確かに修行向きですね。この絶え間ないザーーが途切れてある時突如、鳥のさえずりが聞こえて・・・なんてことに・・・なってみたいです。


この先に行きたくてたまらないらく。ごめん、今日は帰ります。って、らくとは先を歩いたことがありません。ここからさらに歩いて、あの「アモーレの鐘の美ヶ原」まではもうこのあと1.5倍ぐらいあります。

焼山沢の滝



下りの帰り道は早い早い。 らくはいつも帰り道に寄り道します。時間が読めるからなんでしょうね。行きはどこが終点かわからないからずっとちゃんと見える範囲にいるんですが、追いつけるのがわかってるから、寄りたいところは帰りがけです。動物とらくの声が聞こえてドキッとすることもあります。今回もらくに追いかけられたのかアナグマが走って行くのが見えました。

どのくらい走ったかはらくを見ればなんとなくわかリます。舌が横にベローーっとなっていたら、「すっげー走ってきました~」この時もそんな感じ(笑) もうけっこうトボトボしてます。でもまた何か気配を感じるとダダダーっと。タフなもんです。

-「待ってくだせ~、ちょっと休みませんか~」
P7310730.jpg





暑くなったら沢一直線!

-「ひょえ~~沢の水はシャキッとするぞ~」
沢のらく
山のらくは絶好調でした。


里のらく
里のらく




..........................................................

ブログランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



............................................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

屋久島みたいですね。
地元なんですか?
信州は奥が深いです。
らくちゃん、onとoff がはっきりしてますね。
表情も違っていたずらっ子になってます(^。^)
みんなでお散歩も嬉しかったんでしょう。

自然の成り行き

じっとしている事で
暑さをしのいだり
しているのでしょうね。
ひとたび、自然に放たれると
力が蘇ってくるのかな!
どちらも同じらくちゃんだけど
自然の中の奔放さって
いいですよね。
心配ご無用ってか〜!

★brighten-s さんへ

屋久島ですか。雨はよく降りますね、この辺り。
やっぱり、標高高いので。
登り口までは車で18分位です。
最近、夕立も多くて、苔がほんとに生き生きしてました。
ワンコは正直ですもんね、らくも生き生きしてました。
いつか、美ヶ原までみんなで歩いて行こうと思います。

★博多の雪ん子 さんへ

まぁ、考えてみればこの暑さで不活発なのは
犬だけけじゃなかったかも・・・
らくと久々に山を歩いて、みんなリフレッシュしました。
山の精気をもらうっていうのはあると思います。
元気いっぱいの姿を見て
スカッとしました~!
非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです