今年のお味噌

Category : 食べ物
夏を越したら御対面と、静かに寝かせていた、あの酒粕で蓋をしてみた今年のお味噌です。いいかげん秋も深まってしまいましたが、まさに安心して忘れていたというか、やっぱりカビの気配も全く無く、こんな感じになっていました。

酒粕を平らに広げた上にかぶせておいたラップを剥がしたところです。
うっすらお味噌色になってますが、てかっとしてるのは酒粕。熟成したいい香りが漂っています。

酒粕で蓋をした味噌




淵のところをちょっと剥がして、、、お味噌が覗きました。いい感じです。

お味噌と御対面




この蓋として広げた酒粕とその下のお味噌を1対1の割合でとって、「酒粕味噌」として別容器に移します。これは調味料として使えると聞いていますが、確かに美味しい~、粕鍋など、いろいろ使い道がありそうです。

粕味噌




そしてお味噌ですが、やっぱり若くして芳醇というか、なしに比べて、まろやさが加わっている気がします。香りといい、色も艶も、そして味も良好。ちょっと、ニンマリ。粕蓋、リピ決定します。

それでは来春にまた、お会いしましょう。

今年のお味噌




..........................................................

ブログランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



............................................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

楽しみですね〜!

来春の出来上がりが楽しみですね。
ホント、手前味噌って、
自慢したくなりますよね。
納得〜!

★博多の雪ん子 さんへ

楽しみです~~
昔々、この私が梅干しを作るなんて、誰も信じなかったように
まさか、まさか、お味噌を仕込む、なぁ~んてこと、奇跡級です。
とうとう、他人にもあげ始めちゃいましたよ(^^)

非公開コメント

石積みの家 離れ民泊 オープン!!!
石積みの家 WEBサイト・主屋
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、理想の田舎暮らしの風景を求めて始めた「DIYで石の家を作り庭を育てること」それが庭師の夫のライフワークとなりました。3作目の完成を機に石積みの離れで民泊始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです