カツラ、大剪定

Category : 庭 ・植物
伐採2

このところ、暑くもなってきたので、日中は庭に出ているらく。

ケヤキを植えてある台上の苔の上で、けっこう優雅に寝ています。
ふかふかで気持ちいいのはらくも感じるようで(ここの苔の厚さは高級絨毯をしのぎます。)
ひなたと日陰を適当に行き来しています。

さて、寝ていたはずのらく、なにやら上を見上げています。

何でしょう・・・


おおおぉ~、木の剪定をする主(あるじ)でした。
伐採

この木はキッチンの窓の正面にあるカツラです。
今年はこのカツラを、いっそ伐採するか検討したのですが、ぎりぎり延命。
実際、まっ黄色の紅葉は捨てがたいものがあります。

でもいかんせん、じっとしていないのが生き物。
年々大きくなって、隣のオオヤマモミジと重なってきていました。

この日は仕事を午前中で終えて帰ってきた主(あるじ)。
延命はしたもののどうにかしないとのカツラに、「やっぱり、枝だけでも抜くか」と、行動開始。

バッサバサと大剪定が始まりました。

そしてあっという間に、ぽっかりと明るく空が現れました。

らくも、「あれ、明るくなったぞ。。」みたいな。


お詫び: ぽっかり抜けた空の写真がなくてすみません。






関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

おお~、主様ですね。
大胆な剪定でしたね。もったいない気がしないでもないですが、空が見えてすっきりもしたでしょう。
ぽっかり抜けた空から、今日未明皆既日食が見られるのでは。
3時半頃からだそうでv-395ですよね。

訂正

皆既月食の誤りでした。訂正です。

こんにちは、長女Yさん。

あいにくのくもりで皆既月食は見れませんでした。
残念、せっかく教えていただいたのに。。

でも、かなりばっさりといきましたから、すっきりしましたよ。

庭の植物は、いつでもその「量」との折り合いが、課題です。
もったいないは、常にあるんですが、そのままだと、まさにジャングル化まっしぐら。
こんな時は、主(あるじ)が庭師で良かったと、つくづく。e-440

非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです