離れの床、リボス・カルデットを塗りました。

Category : 家造り関係
離れの床を貼っていたのはちょうど2年前の冬、あれからすっとダンボールを敷いて養生をしていましたが、3月下旬、とうとう剥がす時がやってきました。これから塗料を塗ります。


まずはロフトの床。無塗装の無垢の杉板です。
ロフト床塗る前


塗料は自然系植物性オイルにしようと決めていましたが、いわゆるこの「自然派」けっこうたくさんんブランドがあってそれぞれ色々謳っていて迷いました。オスモ、アウロ、リボス、エシャあたりに絞ってからサンプルを取り寄せ、色と共に検討。結局リボス社のカルデットにしました。色はチーク。一緒に購入したのはコテバケ。(奥の黄色)これは薄く広範囲に伸ばしやすくて使いやすく、買って良かったです。

リボス、カルデット


チークは赤っぽい茶色というかちょっと派手目ですが、石積みの壁と白漆喰の壁と合わせると、思った通りの発色でいい感じ、この色にしてよかったと思いました。ただ、すべての木部に塗る予定はないため、塗らない部分と塗った部分が馴染んでくるには、しばらく時間がかかりそうです。


ほぼ塗り終える直前、その差が解るように写真を撮りました。けっこう明るい茶色です。
リボス、カルデット、チーク色



リボス、カルデットは着色と保護が同時にできるオイルで、主成分でもある亜麻仁油は食品基準の安全性だそうです。匂いは亜麻仁油が主成分だけに亜麻仁油臭。母屋、台所のカウンタートップに塗っていたのが亜麻仁油なので馴染みのある匂いで、まぁこれならという感じ。舐めてもOKなんだそう。舐めないけど(笑)

リボス、カルデット、チーク色2


やっぱり塗るってすごいです。もういきなり住み慣れたような落ち着きもでるし、当然、保護力も違うだろうし。

母屋は木部はほとんど無塗装で、経年変化で今に至っています。そういえば住み始めた頃は、恥ずかしいぐらいの白木感がありました。離れは経年変化を待てないって、やっぱり人間が相当、経年しました。(笑)


..........................................................

ブログランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



............................................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

★大自然の法則さんへ

「盲亀の浮木」
本当ですね。ありがたいコメントどうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです