オオムラサキ観察、蝶編

Category : 生き物
オオムラサキ蝶

葉っぱの裏のサナギ
の続編です。

ここ数日、庭にオオムラサキの蝶が飛んでいるのを確認しました。
あの、観察していたサナギも脱け殻になっており、どうやら、羽化したようです。
もちろん、みかけた蝶があのサナギかどうかは確定できません。

とはいえ、今朝のこと。
土手の石積みの上で羽を開いたまま休んでいるオオムラサキのオスに遭遇。
これです。

遠目にもデカイです。

そして、そろそろと近づいて撮った拡大版がこちら。

オオムラサキ蝶2

う~~ん、立派。 美しい。 堂々としている。。。
賛美の言葉が飛び交います。 

これは、日光浴ですね、きっと。
かなり近くまで行っても、くつろぎきった様子。

同じような写真を何枚も撮るうちに、なんと、羽にハエがとまったりして・・・
「なんなの~~一体。」
でも、ちょっと羽を2,3回パタパタさせただけで、特に気にもとめていない落ち着き。。
さすが、大物です。自分の器を知っています。

意味不明の賛美をしきったところで、サナギの脱け殻を見に行きました。

おおお~~ これが、また美しい。

葉の裏に、蚕みたいに糸を吐いてサナギを固定するんですか?
キラキラ光る銀色の糸がきれいです。

そして、この色・・サナギの時の薄緑色から、さらに白っぽい淡い薄緑、
もしくは淡い薄緑がかった白。 ←どっちでも一緒でしょうか。いや、やっぱり緑よりかな。。

つまり、限りなく微妙な色調に、またまた感動・・・した朝でした。

オオムラサキサナギ、脱け殻



関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

とうとうきましたか

そろそろきてもいいんじゃないかなあと待ってました。

風格ありますねェ。v-353
日本の国蝶。榎のあるところにオオムラサキありとありました。
調べてみたんです。v-290

神秘的ですね。

物言わぬだけに私たちは尚更虜になってしまうのでしょうね。

初めて見させていただきました。

ご馳走様の気分です。


はい、きました。日本の国蝶です。

私も調べてみました。v-290
国蝶が決まった裏話というのがありました。(すでにご覧になりましたか。)

他に、ミカドアゲハ、アサギマダラ、ギフチョウ、アゲハ、などが候補に上がったそうです。
最終的に全国に分布するというのが決め手となって、オオムラサキに決定したようですが
一般素人として、断然、オオムラサキと言いたいです。

美しいだけでない、力強い華麗さは断トツではないでしょうか。まさに、風格。v-353
飛んでるところが動画に撮れたら・・。

長女Y さん、一緒に喜んでいただいてありがとうございます。








旅立ち☆

うちのオオムラサキもとうとう旅立って行きました

子供たちと一緒に感動☆


やっぱりオオムラサキは国蝶なんですね
友達もそう言っていました。
あらためて貴重な蝶の成長を見届けられたことに感謝です!
ありがとうございました

また庭に遊びに来てほしいなーと
子供たちと一緒に庭を眺めています

コメント、どうもありがとうございました。

旅立ったんですね。

嬉しいのと同時にちょっとさみしいのが旅立ちなんですが

その一期一会みたいな短い一緒にいた時間が、妙にいとおしいですよね。

でもその気持ちが、必ず次の出会いを呼び寄せてくれるような気がします。
非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです