ハナワラビとテン

Category : 生き物
今朝の出来事、これから仕事に出る主(あるじ)のトラックのエンジン音がする中、突然、家に戻って来た主(あるじ)が一言、「ブログネタだ!」「裏山のハナワラビがすごいぞ!」


わざわざ出かける前に言いに来た事を思うと、なんだそれは?と思いますよね。とりあえず早速チェックに出かけました。裏山といってもいつものらくとの散歩道です。多分、これだな・・・ハナワラビね。なるほど、ワラビ風の、ふんふん。

ハナワラビ1




若干、色づき始めた山裾で、確かに地面にそれなりに群生してこのハナワラビなるものが出ております。見ようによっては、ほうほう、

ハナワラビ2


なるほど、小道の両脇に並んでみたりね。。。

ハナワラビ3



肉眼ではわからないけど、拡大するとこんなだったりするわけね。ちゃんと紅葉して春に枯れるそうです。

ハナワラビ拡大


朝の山の空気は本当においしいです。雨上がりとおんなじで大きく吸い込むと肺が喜んでる感じがします。空気の冷たさも気持ちが良いし、鼻先がちょっとひきしまる感じも好きです。山に住んでいても、普段、朝からいきなり山をウロウロしていることはほとんどないのですが、やっぱり朝の山は精気に溢れているなぁ~と、感じます。

しか~し、ハナワラビに関しては「ふ~~ん感」は否めません。わかるけど、「おい!ブログネタだ!」って言うほどのものなのか・・・まぁ、人はそれぞれですから。

多分、主(あるじ)が散歩で見た時間帯はもっと早いので、光の具合が全然違ったのでしょう。最近、美しい、美しくないは詰まるところ「光」が相当関係することを実感しています。実際、どうってことないと思っていたものが、全く別物に見える瞬間があるのは、まさに光のマジック。


そんなことを思いながらの裏山からの帰り道、主(あるじ)の「おい!あれを見ろ!」情報で、以前、最高にヒットした回を思い出しました。冬の裏山でのテン情報です。

この裏山は今回のようなすぐ裏ではなく歩いて(しかも雪道を)40分ぐらい、当然生きているテンはどこかへ行って消えているので、たった今死んだとしか思えないという雪の上に横たわるテンの情報です。

どうします?皆さん。
速攻、「いいよ、それ」って感じしませんか。特にテン好きでもない限り。もちろん、そう言いましたよ。「え~~~、いい、それ見なくても。」 でも、そりゃぁ~もう動物好きの主(あるじ)は興奮して、絶対見たほうがいい、見るべきだってうるさいんですよ。

行きましたよ、しぶしぶ。。えええ~、別にいいのに、寒いぞ~~何の思入れもないぞ~みたいな感じで。


山なので登ること40分以上。寒いのに暑くなるってやつ。そして、主(あるじ)の指示す先に見たものは・・・・・・・。



今も強烈に印象に残っています。辺り一面真っ白の雪の上に確かに黄色いテンが横たわっていました。主(あるじ)が興奮気味に何度も言っていたように、本当に眠っているようです。どうして死んでしまったんでしょうか。何の損傷も異変も見つけられません。顔も安らかで毛皮はふわふわして艶がありました。実際、絶命したのはほんのさっきだったのかもしれません。

輝く黄色の被毛と足だけが茶色く、その毛色のグラデーションが美しすぎて絶句でした。1本の毛の中にある色の変化と全体の色の中の変化、その絶妙さといったら、まさにこれぞ神の創りしもの!生きている動物も感動モノですが、目を閉じて眠るように横たわる雪の上の亡骸は神聖でまた別のものがありました。思わず触りたくなって手を伸ばしたら、主(あるじ)に「野生動物をやたら触ってはいけない。うちには飼い犬もいるから。」と言われたのを覚えています。

主(あるじ)は昔から動物が大好きでそれなりに詳しく、釣りに出かけてオコジョに会った時など、どうしたかと思うほど浮かれているし、いまだに動物園で動物に餌をあげたいタイプです。私はまぁ、そこまで・・‥。でもこのテンとの遭遇は、雪山往復2時間以上も全てを忘れて、なるほど心底見てよかったと思った主(あるじ)の「おい見ろ情報」でした。


春毛のテン
殿堂入り

「雪原の黄色い宝石」というとても素晴らしい写真のあるブログはこちら

(追記) あとで主(あるじ)に聞いたら、まだ暗いうちに散歩に出る主(あるじ)は、足元をライトで照らしながら行ったそうで、そのライトに浮かび上がるハナワラビが美しかったのだそうです。はぁ~~、なるほど。


【離れ民泊だより】
離れ民泊、やっぱり「消防法令適合通知書」なるものを取得目指して活動中です。Wifiも使えるようにする予定。







..........................................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、お願いできると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



............................................................
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

非公開コメント

【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。3作目の石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです