小梅の梅干、その後

Category : 食べ物
昨日は大きい梅干の漬け込みをしました。
なかなか熟んでこなくて、ぎりぎり待ってみたので、例年より遅いです。

でもねー 梅がねー 

熟し具合がどうにもばらついてるし、、妙に青いままのもあってしょぼ~~ん。
でも台風もやってくるし、ちょっと強引に決行となりました。

そこで、大きな漬物用おけが必要になったので、
前に漬け込んでおいた小梅を移動。

日本製の陶器の漬物用のかめですよ~~。
永遠のスタンダードですね。

やっぱり、〈安い・軽い・扱いがらく〉に流されないと、この美しさ。

本当は、道具や器はこうでないといけないんですが、
ああ、あのポリ樽のお手軽な便利さが恨めしい。

小梅

ところで、シソを漬け込んでから、いい感じに真っ赤になってました。
香りもシソの香りがしてとってもいいし、
『一手間の価値』 なぞと満足してましたが、
ひっくり返したら、赤いのは上の方だけで、全然まだらでした。

でも・・・なんだか、この瓶に移したら、それもカラフルできれい?みたいな・・

真っ赤なのは、お菓子のチェリーのようだし、黄色いのから橙色まで元気カラー。

まっ、圧倒的にシソの量が少なかったのでしょうが、"よし"とします。

とりあえず、この上にあのシソを載せ戻しまして

土用の天気の良さそうな頃あいを狙って、干しますか。







関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

頑張ってますね。

ウメ、見てたらゴックンv-291

カメは重いのが難点ですよね。でも、色の映りが良いし手触りの安心感があり捨てがたい物です。

今年は気候のせいか、山も海も出遅れ傾向のようですね。

夜釣りに行った夫も魚の賑わい不足を嘆いていました。
海中に照明を落として餌を撒き小魚に寄ってくる大物を狙う釣りなのですが、このたびは静まり返っていたとか~

自然のサイクルは私たちの手の及ばない厳格さがあるようです。

遊ばせてくれてありがとうですよね。

梅干作りはけっこう好きです

>カメは重いのが難点ですよね。

塩が溶けるまで、時々オケごと振りゆするんですが、
この作業まではポリ樽のお世話になりたいと思っています。

でも、
>色の映りが良いし手触りの安心感
そうなんですよ~~。できれば熟成はこっちです。

やっぱり今年は山も海も出遅れ傾向なんでしょうかねー。

不漁のようで残念でしたが【夜釣りに行ったご主人様】は、羨ましい限りです。
海の幸はおいしいですよね~しかも大物ですか~

私もゴックン、、v-291


非公開コメント

プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、夫がDIYで石の家を造っています。主屋、丸い小屋と続き、現在3作目が進行中。【住民】本業は庭師の主(あるじ)。その妻住民B。雑種の愛犬らくの夫婦と一匹。

石積みの家 WEBサイト・主屋
石積みの家と庭/SHOP・WEBサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
広告
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです