手前味噌仕込み2018

Category : くらし
今年もお味噌を仕込みました。このブログによると今年5年目です。なんとなくもう結構やっているそ、という感覚はあったのですが、毎年載せておくと記録として大変助かります。庭で薪で大豆を炊くというのは実現していませんが、外で七輪は定着です。豆炭の火力と火持ちが大豆をコトコト煮るのに最適です。



今回、前日からの給水時間20時間、煮込み5時間。

味噌仕込み2018



【分量】

地元産在来種 青豆系大粒・こうじいらず 1.4キロ + 地元産黄色中粒大豆・ナカセンナリ 0.6キロ
          米麹 3.3キロ 塩 1.33キロ
          ※ 蓋用酒粕 0.6キロ


【反省と感想】 ●こうじいらずとナカセンナリの大きさが違いすぎて、給水が揃わず、こうじいらずの給水が若干不十分でした。
      ●煮はじめに風と外気の影響をもろにうけて鍋の温度が上がりにくくなってしまい立ち上がりが悪くなってしまいました。
  

     
5回目ということで、多少慣れてきたきた感もあって、手早く出来るようになってきました。味噌作りの悩ましさ、カビの心配は蓋として酒粕を上から分厚く塗って(2センチぐらい)仕上げるようになってから、全くカビ知らずになりました。このやり方、農文協の現代農業に載っていたのですが、味噌に粕っぽさが移るわけでもなく、粕は粕味噌として美味しく重宝しています。

カス蓋にしてから、仕込んだらもう秋まで完全に忘れることにしました。十分涼しくなってから、ご様子伺いをしてニンマリ。このパターンてうまくいっています。

【来年の課題】 豆の混合に注意。麹に麦麹も使う。




.........................................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、お願いできると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

............................................................  





 
関連記事
スポンサーサイト
                         

Comment

No title

昨日は雪でしたか?
見沼もみぞれになりました。
いきなり寒くてお味噌は大丈夫だったでしょうか…
お味噌にはいろんな味があって、
お味噌汁の味もみな違うんですよね。
奥深いなあ。
信州味噌は好きで、スーパーで買うときも信州産を買います。
靴下履いたぬいぐるみさんが穏やかな味噌作りの風景を伝えてますね。

★brighten-sさんへ

すみません、brighten-sさん。
お返事がすんごく遅くなってしまいました。

雪のあとは、またいきなり初夏が来ましたね~。
見沼の桜、見事ですね~桜のトンネルなんて夢見心地だろうな~。
そちらはもう桜も満開過ぎて、新緑とか迎えてる勢いでしょうか。

お味噌は嬉しい定番化です。
それでいて微妙に味が違うのが面白いところですね。
信州は味噌の発酵がゆっくり進むので時間はかかりますが
保管に向いてる気がします。

イケアのぬいぐるみ、
写真、撮ってからあれ、隠し忘れ?まっ!いいか(笑)




非公開コメント

【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。3作目の石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです